スポンサードリンク
   


正社員のバックれは非常識か?



正社員の立場でバックレてしまう人は少なからずいます。

基本これらは社会人としては非常識です。

ただ、それは会社にもよるでしょう。

もし、その会社が社員を食い物にするような会社で、普通に長時間残業をさせたり、残業代を払わなかったり、また有給はおろか忌引きなど、本来は労働者の権利としてあるような休みも取らせないようなところであれば、話は別です。

会社が非常識なところであればあるほど、社員のバックレ率は上がります。

もちろん、できれば退職届を出し、その中で引継ぎ等の業務をしっかりと行ったうえで、退職すると言った正社員としての義務を行うのは当然です。

しかし、いくら退職届を出しても受理されないような会社であれば、いずれバックレてしまうのは時間の問題です。もともと、正社員が辞めたいと訴えるのを止める権利など会社にはありません。

正社員が退職したいと何度も訴える会社は、それだけやばい会社だからです。

ただ、できればしっかりと退職届を出すという正規のルートを行った後で、バックレることをお勧めします。

しかし、そういうルートを強引に踏みつぶすような会社であれば、まずは労働基準監督署に相談です。

また、その際に出勤表や雇用契約書のコピー、上司の発言などの録音などできる限り証拠は取っておきましょう。

あとは、労働基準監督署の指導やアドバイスに従って行動を起こすことをお勧めします。
絶対に個人の判断でバックレをしないようにしましょう。

特に正社員の場合は、その後の人生にも関わるので、相談を受けながら行うのが賢明なやり方です。
posted by 元ブラック企業会社員A at | バックレの極意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

会社をバックレてもいい条件とは?



会社をバックレてもいい場合の条件に付いてお話します。

ネットの情報では、「バックレはしない方がいい」という内容のものもあります。

バックレた場合は、確実に会社からの嫌がらせが来るとみていいでしょう。

特に人を人と思わないブラックな会社では普通の手順で辞めた場合でも、電話が鳴り響いたり、家まで訪問があったり、脅迫メールが来たりします。

もし、実家暮らしであれば、確実に親や家族にまで迷惑をかけてしまうこともあります。

しかし、以下の条件がそろっているのであれば、バックレてもそんなにトラブルにはなりません。
しばらくは会社側のアクションがありますが、次第に落ち着いていくと思います。

〇実家が会社に知られていない。
〇家に固定電話がない。携帯電話だけ。
〇マンションの構造上、どの部屋に住んでいるのかわかりにくい。
〇会社から一時間以上離れている。
〇雇用契約書やタイムカード、給与明細等の控えをしっかりとっている。
〇上司からの発言をしっかりとボイスレコーダーに録音している。


私の場合、上から5つ目までの条件を満たしていました。

実家が知られていないので、家まで来ることはありませんし、固定電話はなかったので、携帯にしか電話は来ません。

携帯にはあらかじめ会社の社員の電話番号を全て登録しておいたので、誰からの電話かわかるので、そのまま無視していました。

あと一番良かったのは、マンションの構造上、どの部屋に住んでいるかわからなかったことですね。
夜に来れば、「○○室の電気がついているからいるはずだ」と辺りを付けられますが、それができなかったので向こうもすぐにあきらめました。

後は雇用契約書などコピーをしっかりと取っておいて、事前に労基に相談に行きましたので、精神的な安定感もありました。

まあ、ボイスレコーダーがなかったので反撃の決定打がなかったのですが、関わりたくはなかったので、特に気になることはありませんでした。

上記の条件のうち、最低3つはそろっていると、バックレた後の被害はかなり抑えられます。
逆にどの条件もなかった場合は、事前に親に相談しておくとか、電話番号を変えるとか、面倒くさいことをしないといけないので、ぜひバックレる前に条件がそろっているかどうか、確認しておくことも大切です。
posted by 元ブラック企業会社員A at | バックレの極意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

会社をバックレる人の3つの心理とは?


会社を途中でバックレる人は少なからずいます。

何を隠そう、私も会社をバックレた人ですからね。

なので、会社をバックレる人の心理というのはかなりわかります。

さて、そんな会社をバックレる人の心理ですが、それは私の経験では3つです。


@会社がかなりやばいと感じる心理

これはブラック企業をバックレる場合に、多くの人が感じる心理です。
例えば、入った瞬間に社員が一気に辞めて、その責任が自分に押しかかってきた。
試用期間中なのに、会社を左右するような立場におらされる。
また、入る前に起こした不祥事の裁判に出される。
できるわけがないのに、仕事を任され、できなかったらパワハラを受ける。
明らかに人を不幸にして設けている会社であった。

などなど。こうした「会社がやばい」と判断したときに人はバックレてしまいます。

A会社の中でやりたいものがなかなか見えない場合。
それから、最初は営業で入ったのに、急に経理に入ったり、自身がやりたいことや面接で言われたことと全く違う状況に陥った場合、人はバックレる場合があります。
ただ、この場合は、バックレよりもしっかりと次の就職先を見つけて、しっかりと退職手続きをとって、辞めるという過程を踏むケースの方が多いです。

B職場の雰囲気が合わない場合。
例えば、男性ばかりの会社と女性ばかりの会社ではぜんぜん雰囲気が違います。
また、社員全員が一生懸命頑張ろうとする職場の雰囲気と、ただ「なあなあでいいか」という雰囲気の職場では全然動き方が違います。
中にはパワハラでトップダウンが主流の職場もありますし、しっかりと助け合う雰囲気の職場もあります。

こうした職場の雰囲気とかなり合わない場合、社員がバックレという形で逃げ出すこともあります。

@が圧倒的にバックレるケースが多いですね。
ただ、バックレる場合、考えないといけないのは会社側にかなりの問題があるケースが非常に多いということです。

ABの場合は、会社が問題である場合もあるし、社員自身の問題もあります。

ただ、ブラックな会社、バックれが普通の会社では、社員が逃げ出した後、「あいつはダメだから逃げた」と全て社員のせいにしてしまうところが多いです。

まともな会社は、「社員が辞めたのは、こっちの方にも原因があるのではないか」と考えるものです。

以上、バックレ社員の心理について書きました。
逃げ出す社員が多い会社は、大体、家族や周りに相談すれば「すぐに辞めるべき」と返ってくるものです。

そうした意見も取り入れて、どうやって辞めていくかを考えていくことが大切でしょう。
posted by 元ブラック企業会社員A at | バックレの極意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボイスレコーダーを常に常備しておくこと



「この会社ブラック企業かな?」と少しでも感じたら、まずはボイスレコーダーを常備しておくことをお勧めします。

おかしな会社ほど、辞める場合に必要なのは「この会社がどれだけおかしいか」という証拠です。

具体的には雇用契約書のコピー、勤怠表のコピー、職場のルールに関する書類のコピーなどです。給与明細もしっかりと残しておくことが必要ですね。

これらは辞めた後、会社側から訴えられかけた時の武器になります。
大抵の会社は、「じゃあこの書類を持って労働基準監督署に行ってきます」と言えば、おとなしくなるでしょう。
(もちろん、中には強気に出る企業もいますが、コピーを取っているといえば大丈夫です)

しかし、例えば「いや、残業は俺はするなと言ったのに、お前が好きでしたんだろう」と平気でうそを言ってくる上司や社長もいます。
パワハラをしているのに、いざ訴えると「そんなことはしていない」という上司は未だいるのです。
またそういう会社はほぼ全員がイエスマンなので、手の平を返したように上司の味方をするでしょう。

その時にボイスレコーダーで上司の発言を録音しておけば、決定的な証拠になります。
もちろん、その場で証拠を見せるよりも、弁護士に相談してから見せた方が向こうのダメージは大きいのですが、それ以上にボイスレコーダーに録音されているだけでも心の安定はアップします。

確固とした証拠があるだけでも大きな支えになるものです。

この会社はおかしいと思ったら、すぐにボイスレコーダーを常備し録音する習慣を作っておけば、それだけで退職時のいろんな面倒やトラブルを避けることができます。

posted by 元ブラック企業会社員A at | バックレの極意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラック企業でのばっくれはあり?



ブラック企業でのばっくれはありか?

結論を言えば「あり」です!!

自分の健康と人生を犠牲にする前に
ブラック企業のような会社からは
ばっくれでもいいので逃げるのが賢明です

私が以前ブラック企業に勤めたとき、
あまりにもしんどくて、労務に詳しい友人に
何度も電話をして相談したことがあります。

その友人は、
「すぐに辞めないと人生に傷が残ってしまう。
ばっくれでもいいからすぐ辞めろ」
と、言ってくれました。

その言葉がなければ、
私はその会社を辞めることはできなかったでしょう。

その後はばっくれる形で逃げました。

そうでもしなければ
恐らく今頃重度のうつ病になってしまって、
人生が終わっていたでしょう。

ブラック企業でのばっくれはありです!!

ただ、このブログを読んでいるあなたは、
こういうことも思っているはずです。

「でも、いきなりばっくれてしまったら、
今いる同僚や上司に迷惑がかかるんじゃないか」

同僚に迷惑がかかる・・・

日本人は人が良い人が多いので、
どうしても周りの人を気にしてしまって
二の足を踏んでしまいます。

でも、今は同僚や上司のことを考えるのは辞めましょう。

ラック企業に残っている上司や同僚は
すでにその会社に洗脳されている人たちです。


その人たちと一緒にその会社で
心中する必要などありません。

彼らも我が身かわいさなので、
身の危険が迫ればあなたを差し置いて即効で逃げます。

そんな上司や同僚のために自らを犠牲にする必要など全くないのです。

もし、辞めたいけど、辞められない場合は
ばっくれるという選択肢を持つのも手です。

世間の常識が通用しないブラック企業で、
あなたが常識的な対応に固執する必要など全くないのです。
posted by 元ブラック企業会社員A at | バックレの極意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク