スポンサードリンク
   


会社辞めてフリーターになった結果・・・



私は会社を辞めた後、日雇いバイトを1か月して、今は契約社員をしています。

まあ、簡単に言えばある意味フリーターですね。

その状況は今も変わりません。

ただ、ブラック企業に勤めていたころと比べると、かなり幸せです

ブラックな会社にいた頃は、仕事がかなり忙しいとかそういうのはなかったのですが、社内ニート状態で、社長が嫌がるという理由だけで意味もなく終電ぎりぎりまで残らないといけないようんところでした。

社内ニート状態というのは、能力不足とかやる気がないとか、そういうのではなくて、私がやるはずだった仕事が入った後に頓挫したからです。

まあ頓挫したのは、めちゃくちゃな営業をしていたので、契約がなかったというのが理由です。

最初は営業マンに同行していたのですが、「この会社のためを思って契約してください」という感じの営業で、取引用のプランも中身がなく、素人目でもめちゃくちゃな内容のものをどうにかして契約させようという感じでした。
(詳しくは言えませんが・・・内容を聞いた知人は、「営業としてあり得ない」と即答するほどです)

当然、契約など取れず、営業の方が契約書を偽造しだして、それに気づいた社長がその人を訴え出したところで、「この会社はやばい」と感じて逃げ出したのです。

その後、日雇い派遣を続けましたが、まあ精神状態はかなり改善しました。

あの会社に一年いるぐらいなら、貧乏でもフリーター生活の方がはるかにましでした。

もし、あの会社に一年いたら、もう廃人同然になっていたと思います。

なので、やばい会社にずっといて心身を壊すよりも、フリーターになったほうが結果としてかなり良い場合もありますよ。

特に、周りに相談してみんなが「やめろ」というような会社は、その人たちがなぜそういったかをしっかりと考えたうえで、あなたの人生を大切にするために、あえてフリーター生活をするという選択をとることが大切だと思います。

精神が健全なら、仕事は必ず見つかりますからね。
posted by 元ブラック企業会社員A at | 辞める覚悟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラック企業をバックレ辞めしたら2chに名前が・・・



ブラック企業をバックレ辞めしてから、すでに1年が経過しました。

バックレという辞め方が本当に良かったかどうか、今でも疑問に思っていますが、あの時はそれ以外の選択肢以外は浮かびませんでした。

詳細はここでは書くことはできませんが、当時はそこまで精神状態が追い詰められていたのです。

まあ、その会社のことを親しい友人や親に話せば、全員が口をそろえて「すぐに辞めろ」と言われるくらいの状況でした。

しかし、何人か辞めた状態で、使用期間中の身でありながらすでに身動きができない状態であり、しかもご飯は食べれず、夜も眠れない日々が続いていました。

このままでは死ぬか廃人寸前まで追い込まれてしまう・・・そういう中で自分の中での選択肢がバックレだったのです。

その後は「非常識だ」「訴える」と言われながらも無視を続け、何とかフ○キャストの日雇いで食いつなぎつつ、嘱託の仕事を見つけて、運よく高収入のバイトを見つけて今に至ります。

本当に奇跡としか言いようがありません。

ただ、その中である日、私の名前を検索すると、「○○は非常識だから気を付けろ」「こんなやつを取ったら会社がつぶされるから絶対にとるな」といったな内容の書き込みが2chに書き込まれていました

正直かなり落ち込みました。

2chって削除依頼ができるという触れ込みがありますが、実はあれをすると却ってややこしくなってしまうケースがあるようで、弁護士を通すか、無視するかしか方法がないようです。

当時はそんなお金もないので、なくなく無視するしか方法はありませんでした。

まさか使用期間でバックレた人間を2chで実名でさらされるなんて・・・とショックでした。

考えてみれば、面接で書類選考で落とされることが多々ありましたし、かなり良い雰囲気で「ぜひ来てください」と言われたのに、それからは全く音沙汰もなくなったりありました。

今思えば、2chに書かれたことが原因だったかもしれません。

まあ、でも今の職場に雇ってくれたのはうれしいことですし、ここまでこれたのは本当にラッキーとしか言いようがありません。

この運に感謝して、頑張って社会復帰を目指していこうと思います。

posted by 元ブラック企業会社員A at | 辞める覚悟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

短期バイトで食いつなぐという選択


ブラック企業を退職した後、
どうやって当面の生活費を食いつなぐかという問題がありますが、
短期バイトで食いつなぐという選択もあります。

私はブラックな職場をバックれた後、
1か月以上の間、短期バイトで食いつなぐという経験をしました。

まさか30歳でこんな経験をするとは思いませんでした。

短期バイト 食いつなぐ

でも不思議なものです。

短期バイトのみで食いつないでいるときの方が、
ブラック企業で働いていた時よりも
すっごく生き生きしている自分に気付きました。


工場の単純作業も、引っ越しの重労働も測量の仕事も、
あの会社にいるころよりは、本当に楽しかったのです。

久しぶりに生きている実感が持てましたね。

あと、短期バイトに来ている方は、
若者よりも30前後の失職中の人が多いです。

なので、休憩時間は会社にいたころの話で
盛り上がったのも今はいい経験ですね。

また、就職先が決まったらすぐに辞めることができるので、
それも短期バイトの魅力です。

ただ、難点はというと、
収入が不安定なことと、保険や年金のことを考えると、
そんなに長続きはできないというところでしょうか。


なので、短期決戦で速攻で次の職場を決めることを考えないといけません。

最低ラインは1か月〜2か月くらいでしょうかね。

それ以降は精神的にもだいぶきつくなってくると思います。

もし、職歴やしたいことに合致するのであれば、
食いつなぐことを目的として契約社員や嘱託職員でも
いいかと思います。

なんといっても社会保険と厚生年金は魅力ですからね。

2か月以内に結果を出す!!!

という強い思いを持てば必ず結果は出ます。

それまでは短期バイトで食いつなぐという
選択も十分ありだと思いますよ。

posted by 元ブラック企業会社員A at | 辞める覚悟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラック企業を辞めたいがどうしても踏ん切りがつかないあなたへ



ブラック企業を辞めたいけれども、
どうしても踏ん切りがつかないときもあります。

そんな踏ん切りがつかないあなたへ、
少しでも早く辞めれるよう、
辞められない理由とその対処法について述べます。

@周りの人に迷惑がかかるから辞めれない。

これはブラック企業が辞められない人で
一番多い理由ですね。

ただ、あなたの会社の人たちは、
その会社がブラック企業だと知ったうえで
その会社に続けているのです。

普通ならその会社に居続けたらどうなるのか、
自分の人生がどうなるのか、
ある程度経験を積んだ人ならわかるはずです。

それがわからないのであれば気の毒ですが、
わかった上で居続けているのであれば、
彼らに同情する必要はありません。

また、その人たちのためを思って、
会社に居続けても、その人たちがすぐに
辞めてしまって貧乏くじを引くこともあります。

結局のところ、その人のために居続けたところで、
あなたが一番損を被る可能性は高いのです。


もし、あなたに大切な人、
あなたが倒れて悲しむ人がいるのであれば、
その人たちのために辞めるべきでしょう。

A退職後の生活が不安。

これもその会社で何年もいるのであれば、
別ですが、もしその会社に入って数か月なら、
そうした不安はそれほど意味有りません。

もし、3か月以内でしたら、その日のうちに、
ばっくれでもいいので辞めるべきです。

退職後のお金は、まずは日雇いのアルバイトで稼ぎましょう。

ブラック企業にいたら感じると思いますが、
その会社にいたときよりも、
日雇いだけの生活のほうが大分マシです。


もし、年金や保険が心配なら、
当面は派遣契約で厚生年金と社会保険が
つくところで働いてもいいでしょう。

リゾートバイトでお金をためるのもいいですね。

それを元手にして転職活動してもいいでしょう。

なんせブラック企業を辞めるのは、
若ければ若いほど、早ければ早いほど、
に越したことはありません。

もし、入って数か月なら、経歴に傷が入らないうちに、
ブラック企業を辞めた方が、長い目で見れば損が少ないのです。

私はブラック企業に勤めて、本当に2か月で辞めました。

なんというか、その会社では本当に人生が終わると感じたのです。

そうなると、同僚がいい人たちだからと、考えている余裕などありません。


ブラック企業を辞めるのは甘えでも何でもありません。


むしろ自分の人生を考えれば、同僚がいい人たちだからと会社に居続ける方が甘えです。

退職後の不安からずっと会社に居続ける方が甘えです。

そういう状況に甘んじるのではなく、
いかに自分の人生を有意義に守るのか、
それをしっかりと考えていくことこそ、
大事ではないのでしょうか?

posted by 元ブラック企業会社員A at | 辞める覚悟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラック企業からの脱出を成功させるために必要な覚悟とは



ブラック企業に入ってしまえば、
どう退職するか辞めるかなんて生やさしいものではありません。


まず、どう脱出するかです。


ブラック企業に入ってしまえば、
どう脱出して生き延びるかをまずは考えましょう。

その脱出を成功させるために必要なことですが、
それは覚悟です。

なんとしてもこの状況から脱出してやるぞ
という決意と覚悟が最も必要です。


どっかで転職先が見つかってから退職しようか、と
甘い見通しでは脱出は難しいですし、
何より気付いた時には手遅れの状況になっている場合もあります。

まず脱出する際は、期限を決めましょう。


一年どころか半年も持たないのであれば、
速攻で辞めることをお勧めします。


次の転職先など悠長なことを言っている余裕などありません。

まずは即退職して、当面は日雇いバイトでもいいから
食いつなぐことが大切です。


特にあなたが35歳までの年齢でしたら、
それくらいの決意と覚悟がないと脱出は成功しないでしょう。

ちなみに、ブラック企業で円満に傷一つつかないで、
辞めることなどまあ不可能なのであきらめましょう。

確かにやっと転職活動に成功して、
「ここで頑張ろう!!」と決意して入ったばかりで、
いきなり元の転職活動生活に戻ってしまうのは、
辛いし苦しいのはわかります。

わかりますが、大切なのは、あなたの人生です。そ

今のままでいたら、間違いなくあなたの人生は
どんどん詰んでしまいます。

いきなり業務のミスの責任を取らされて、
給料が15万に減ってしまうことものです。
こうなってくると人生が本当に詰んでしまいます。

その大切なあなたの人生と、見せかけの安定と
どちらを取るのか、ここはぜひ英断をしてください。
posted by 元ブラック企業会社員A at | 辞める覚悟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク