スポンサードリンク
   


入社直後はボイスレコーダーを常に常備しよう



私はブラックな会社に入り、二か月でバックレた身ですが、一つだけ後悔しています。

それはボイスレコーダーを常備しなかったことです。

そのため、上司からの「社長が帰るまでは常に残っておけ」「有給は使うな」「休日出勤はするのが当然」というブラックな発言を証拠に残すことができませんでした。

ブラックな会社の特徴は、上司や会社のいうことがころころと変わることです。
朝は「この仕事をするように」と言われ、夕方には「なぜやったんだ!!」と怒られることさえあります。

その時に「やった」と言いましたよ。
と、言っても「そんな指示はしていない」と言い返されます。

そういうのが続くと、「自分の考えは間違っているのか」「じゃあ、自分が聞いたことはなんだったのか」と混乱してしまい、正常な判断が難しくなってきます。

結果、会社から逃げるタイミングを失ってしまうこともあります。
(だから、バックレをしたのですが)

その時に役立つのがボイスレコーダーです。



ただ、入社直後からボイスレコーダーを常備するなんて、ちょっと気がひいてしまいますよね。
これから働く会社を信用していないみたいで。

そういう時は自分に対してこう言い聞かせてみましょう。


「私は記憶力が悪いから、先輩たちの言葉は一字一句聞き漏らさないように、後で復習するためにボイスレコーダーを持って行こう」
と。

先輩や上司の言葉は、会社で長年働いてきたエッセンスがたくさん詰まっているはずです。

その言葉をしっかりと聞き漏らさないためにボイスレコーダーを持って行くのだと。

こういう考えだと、会社で頑張ろうという意識は保てますし、何かあった時の証拠にもなります。

もし、「この会社は大丈夫だ」と思えたら、ボイスレコーダーを使うのを辞めればいいだけの話です。

こういった証拠は後々、役に立ちます。
posted by 元ブラック企業会社員A at | 試用期間中での対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いきなり退職届を試用期間中に出した結果



私は試用期間中に会社を辞めました。

みなさんできれば会社に入ってから3か月の間は様子を見て、見切りをつけたら潔く辞めましょう。

私の場合2か月でもう無理と思い、いきなり退職届を出しまた。

最初は社長にうつ病が悪化したので辞めることを伝えましたが、当然伝わらず。

その時に渡した診断書も返されました。

まあ、このやり方は今となって思えば、それほどよくありませんね。

一気に退職届を渡す方向で行けばよかったと後になって後悔しています。

いきなり退職届を渡すのが良いのかどうかは、なかなか判断がわからないのですが、相手にしたら「ああ、やめるんだ」とわかりやすい分、バックれよりかはましかもしれません。

ただ、当時は、試用期間中なのに取引先の会社との担当になっていたり、私が入って3人も辞めたり、管理職的な立ち位置になったりと、おそらくいきなり退職届を出したとしても受理されないか「引継ぎまではいろ」と言われるか、すぐには辞められない状態ではありました。

しかし、このまま会社にいたところで、体を壊すか、人生そのものが崩壊するか、それは明らかでした。

家族との関係も日に日に悪化していましたし。

それでバックれるという選択を取ったのですが、まあバックれ後にいきなり郵送で退職届を送るというやり方は常識的にどうだったかなと今思うとちょっと反省しています。

まあそれだけ冷静に考える余裕がなかったというわけですが。

後は上司から家まで突撃されたり、裁判で訴えると会社から言われたり、お腹いっぱいでした。
給料も手渡しにするとか。まあ、最後の勤務月の給料はあきらめましたが・・・。

基本、会社からのメールや嫌がらせは無視に限ります。
かなり精神的に来ますが、無視しているうちに音沙汰がなくなります。

まあ、今は平和に過ごしていますが、いきなり退職届を試用期間中に送っても、ほとんど問題はないと思います。

むしろ、試用期間中に退職した方がまだスムーズに行くだろうと思います。


posted by 元ブラック企業会社員A at | 試用期間中での対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

試用期間中のばっくれで損害賠償が請求される?


試用期間中にばっくれると高い確率で、上司や社長から、

あなたが辞めたことで損害が出た。
損害賠償を請求させてもらう。」


というメールをいただくことがあります。

ちなみに、上記のメールや文言があれば、
その会社は間違いなくブラック企業です。

普通の会社であれば、
試用期間中にばっくれただけで、
訴えを起こすなんてことは言われません。

「あいつ、ばっくれたわ。まあ仕方ないか」
で済む話です。


損害賠償を請求されたとしたら、
その会社はかなりおかしな会社だと
改めて思い直してください。


その会社を辞めたあなたの選択は
正しかったということなのですから。

ちなみに、試用期間中のばっくれで
損害賠償が請求される
なんてあるのでしょうか?


答えはNOです。


民法では民法第715条では
「ある事業のために他人を使用する者は、被用者がその事業の執行について第三者に加えた損害を賠償する責任を負う。ただし、使用者が被用者の選任及びその事業の監督について相当の注意をしたとき、又は相当の注意をしても損害が生ずべきであったときは、この限りでない。」

と書かれています。

つまり、基本はばっくれで出た損害賠償は、
従業員ではなく雇用者が責任を負うのです。


(まあ、雇用者側が何度も注意しているのに、
損害を出した場合は故意とみなされ、
損害賠償を請求する場合もありますが)

そのため、ばっくれで出た損害を、
従業員側が支払わないといけないというのは
法律上違反になるのです。

そうした意味でも、試用期間中にばっくれても損害賠償が
請求されるのは確率的に低いといえます。

posted by 元ブラック企業会社員A at | 試用期間中での対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

試用期間中のばっくれて訴えられる?



試用期間中にばっくれて、
会社側から「訴えてやるぞ!!」
と、言われるのですが、
訴えられることはほとんどありません。

ちなみに、試用期間中での
ばっくれでの損害賠償請求は
今までで1件しか裁判で認めれていません。

その理由として、
仮に試用期間中にばっくれたとして、
それでどれだけ損害賠償が出たのかを
証明する義務が会社側にあります。

仮に、あなたが月給20万で、
あなたの仕事で月500万の儲けがあった時、
ばっくれたことで500万以上の損害が出た場合は、
請求されることもありますが、実際そんなことは稀でしょう。

むしろ、試用期間中であれば、
月20万も払って、当面は研修や勉強ぐらいしか仕事がなく、
月20万以上の利益を持ってくることすら不可能です。

となると、あなたが2か月くらいで、
辞めたことで、逆に会社側が20万ほど
得をするような結果に終わるはずです。


損害を訴えることなどできませんし、
そんなことを一つ一つ調べるなんて作業をする
暇もないはずです。

そもそも、損害の証拠など出るはずもないのですから。

試用期間 ばっくれ 訴えられる

また、どれだけ損害賠償が出たかを調べる際に、
どうしても会社側の不手際が、
(例えば、過度の残業、研修制度がない、パワハラなど)
明るみに出てしまいます。

(まあ、そういう会社だからばっくれるのですが)

その結果、会社があなたのばっくれを訴えたとしても、

@証拠がでない損害について調査しないといけない。
A会社の不手際が明るみに出てしまう。

というように、逆に会社側にデメリットが大きいのです。

その結果、訴えるのではなく(そもそもできません)、
「訴えるぞ」と脅すことで、
会社に来させ、ばっくれないように撤回させることを
させるというのが実情なのです。


なので、あまり心配にならず、
そういったメールは無視しましょう。

1週間もすれば、メールは泊まります。

心配なら労基署に相談に行きましょう。
posted by 元ブラック企業会社員A at | 試用期間中での対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

試用期間でのばっくれはありです。



試用期間中に「この会社おかしい」と思いながらも、同僚がどんどんと辞めて、気づいたら辞めれない状況にいた・・・

なんてことは思いのほか多いのです。

「自分が辞めれば周りに迷惑がかかるから」
と、心療内科に通いながらブラック企業で働いている社員さんはたくさんいます。

もし、試用期間中で辞めれない状況であれば、ばっくれるという選択肢もありです。

試用期間中は社員がばっくれるというトラブルも見越しておかれているものです。

まあ、試用期間と言うのは労働基準法で置かないといけないという決まりはないのですが最悪は試用期間中にばっくれるということも十分ありだといえます。

その際は、ある程度時間をおいて、決行日を作っておきましょう。

ブラック企業 試用期間 ばっくれ

それまでに引き継ぎ書を作り、仲の良い人にはばっくれのことを伝えて引き継ぎ書を渡しておいて、会社から支給されたものは全て会社に置いておき、私物は少しずつ自分の家に持ち帰りましょう。

いきなりばっくれると、あとで会社の私物を送ったり、取りに行ったり、あきらめないといけないことも多く、結構めんどいです。

そうならないよう上司には気づかれないように、気を付けながら下準備をしましょう。

そして、ばっくれて、その後に退職届を書いて送るのです

その後、会社からはメールや電話が頻繁にかかってきます。

「自宅に迎えに行くからそこで待ってろ」
「このことは弁護士に相談して訴える」
「こんな非常識なことをタダで済むと思うのか」
「そうなりたくなかった今すぐ会社に来い」

私の場合、もっとえげつないことを言われましたし、上司や同僚からのメールで、心身がおかしくなったこともありました。

しかし、しかし!!


全部無視でOKです。


無視すると、メールや電話はなくなります。

下手に電話に出たり、返信すると、さらに過激になるので、基本は無視してください。

1〜2か月で電話攻撃は落ち着いてくるでしょう。

posted by 元ブラック企業会社員A at | 試用期間中での対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

試用期間中に退職するメリットとは?



試用期間中に「この会社はおかしい」と
思った場合は、速やかに退職することを
お勧めします。

試用期間中に退職するメリットとしては、
何と言っても履歴書に書かなくても良い
ということです。



ブラック企業(中小企業も含む)は、
法律すれすれのことを「会社のために」と、
強引に行うこともあります。

例えば、従業員の健康を考慮せずに、
過労死するまで働かせるようなところなんて
未だにあるのです。

もし、その会社に勤めていた場合、
履歴書にそのことを書いてしまえば、
「過労死するまで働かせる会社にいた人」として、
面接官に見られてしまうかも知れません。

私の周りもブラック企業に長年勤めて、
身体を壊した挙句、その会社の風評被害で
どこの会社も雇ってくれなくなった人もいます

試用期間中であれば、
履歴書にその会社のことを書かなくていいのです。

それが試用期間中に辞めるメリットですね。

それから、試用期間中であれば、
社会保険や雇用保険、厚生年金が
ついていないことも多いので、
(本来は違法なんですが・・・)
それらが就く前に辞めるべきでしょう。

なぜならブラック企業ではなるべく社員を
退職させないようにと必死です。

その多くは、上記の保険や年金を
なかなか外してくれないというパターンです。

そうなると、退職しても転職活動を始めるのに
時間がかかってしまいます。

その分、焦りや不安も出てくるので、
でれきば保険や年金が就く前に
退職するのが吉でしょう。

これらが試用期間中に退職するメリットです。

ヤバい会社はとっとと見切りをつけて、
新しい人生を切り開いていきましょう♪
posted by 元ブラック企業会社員A at | 試用期間中での対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

試用期間は履歴書に書かなくてもOK



試用期間中の職歴は
履歴書に書かなくても大丈夫です。

むしろ、書いてしまうと、
「この人はこういう仕事をしていたんだ」
というアピールではなく、
「この人は試用期間中に辞める人なんだ」
と、ネガティブなイメージをもたれてしまいます。

こういう印象を持たれてしまうと、
面接はおろか、書類選考で落とされるでしょう。
なので、試用期間のことは書かないようにしましょう。

ちなみに、ブラック企業の中には、
あなたが辞めたことで、2ちゃんねるにあなたの実名で、
悪口を書いてしまうケースがあります。

普通はそういう悪口が影響を与えることはありませんが、
面接や採用試験は大きくマイナスになることもあります。

なので、一番良いのは、
試用期間中に辞めた後、場つなぎ的な会社に就職して、
そこで3年間働いてから次の就職先を探すという方法です。


試用期間とはいえ、会社を中途半端に辞めているので、
すぐに大手のところやあなたが希望する会社に
就職することは難しいでしょう。

それはブラック企業であっても同じことです。

そのため、場つなぎ的に転職を成功させるためにも、
履歴書にはその企業のことを書かないようしましょう。

2〜3か月以内なら、親の病気や祖父母の介護でも
十分通用するでしょう。

資格の勉強でもなんでもいいです。

試用期間中の退職なんて、
書いてもプラスになることはなく、
マイナスの評価を貰うのがオチです。

なので、試用期間中のことは履歴書には
書かないことが大切だといえます。
posted by 元ブラック企業会社員A at | 試用期間中での対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

試用期間中に責任を押し付けられたら?



新人のバイトにいきなり責任ある
レジの扱いや在庫管理の仕事なんて
押し付ける人なんていませんよね。

い新入社員であっても、そうした責任のある仕事は、
ある程度研修を受けて、仕事をしっかりと学んでから
というのが常のはずです。

しかし、ブラック企業ではそういうのはありません。

いきなり、店舗の経営を任されて、
そこの売り上げ管理や人員の管理を
任されることも多々あります。


私もまさか試用期間中にそういうことを
されるなんて思いもしませんでした。

そして、よくわからないまま仕事を押し付けられ、
できなかったら怒られる日々が続き、
気づけば一週間で体重が8kgも減りました。

そうした様子に上司や周りは全く気付かず。

恐ろしいことに、それでも私がその会社を
辞めないだろうと思っていましたからね。

試用期間中にそうした責任のある仕事を
押し付けられることはあり、
またクレームの処理もさせられることもあります。

当然ですが、できるわけはありません。

中途採用でも、「いきなりやれ」と言われて、
できるわけもありませんが、
上司や周りからそういう指示を受けると、
「はい、わかりました」としか返せません。

その結果、試用期間中とはいえ、
責任の重たい仕事を
押し付けられることもあります。


その際、「辞めたら損害賠償を請求する」
とか、言われてしまって、
余計に辞めることができなくなります。

ただ、これらのことも、実は労働基準法では
違法なんですよね。

なので、もしキャパシティを超えた
責任の重たい仕事を試用期間中に
押し付けられた場合は、
労働基準監督署に相談してみましょう。

基本、試用期間中はバックれても
責任は発生はしないはずです。

posted by 元ブラック企業会社員A at | 試用期間中での対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

試用期間中にブラック企業だとわかったら?



面接や電話の対応だけで
ブラック企業かどうか
見抜くことが難しい場合もあります。

面接で社長が掲げる理念に感動してしまい、
盲目的に「この会社で頑張るぞ!!」
と思い込んで、入社した人もいるでしょう。

しかし、実際に入って、
試用期間中にブラック企業だと
わかってしまう場合もあります。


ブラック企業 試用期間

例えば、面接時には
「うちは残業はまあないから」
と言われていたのに、入ったら、

「この会社は基本、みんな残業しているから、
君も定時に帰らないようにしてほしい」

と上司からいきなり言われてしまうこともあります。

また、業務内容が入った瞬間変わり、
その後もコロコロ変わってしまうこともあります。

さらに、同僚や先輩が試用期間中に
一気に辞めていくような場合もあります。

こうしたことが続くと、
ブラック企業と言わないまでも、
「この会社は変だ」と感じてしまうでしょう。

こういう場合はどうしたらいいのか。

もし、試用期間中であれば、
できるだけ早い段階で辞めることをお勧めします。


試用期間中であれば、
経歴に傷がつくこともありません。

もともと、試用期間と言う言葉は、
会社側が従業員が使えるかどうかを
見極める期間であると同時に、

従業員側が「この会社で働けるか」を
見極める期間でもあります。

また、採用直後というのは
様々なトラブルが起こり得るので、
そういった意味でも試用期間と言うのを
設けているのです。

だからこそ、試用期間中で
「この会社はブラック企業だ」
と感じるようなことがあれば、
早い段階で辞めるということを
考えていく必要もあると思います。

posted by 元ブラック企業会社員A at | 試用期間中での対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク