スポンサードリンク
   


ブラック企業でうつ病で休職になったら最悪


ブラック企業で頑張って働いた結果、うつ病になって休職を余儀なくされるケースがあります。

休職ならまだマシ。

休職どころか、そのまま退職を余儀なくされることもあります。

大切なことですが、うつ病になってしまうと冷静に状況を分析して対処する力がなくなります。

脳がエラーを起こしている状態なので、判断力が低下してしまいます。

そうなると会社から退職を推奨されるとNoとは言えなくなるのです。

そのまま退職してしまい、行く末はニートということもあり得ます。

もし、食欲がなくなった、寝れなくなった、いつもこの世から消えたいと考えている、涙が止まらなくなった・・・

そういった症状が出てきましたら、速攻でばっくれでもいいので逃げましょう。

試用期間中であれば退職届を出してそのまま逃げればいいのです。

また、退職届が受け入れてもらえないのであれば、内容証明郵便で送れば、自動的に受理されます。

届けたことを郵便局が証明してくれますからね。

私は上記のようなうつ症状が出始めてから、速攻でばっくれでもいいので、「この会社から逃げてやる」と考えました。

当面は、嘱託職員でも、派遣でもいいので、食いつなぐことができれば、どこかで道は必ずあります。

できれば、うつ病で判断力が低下する前に、「そこまで会社にいるべきなのか」を考え、あなたの人生のためにできることを考えることが大切だと思います。

特に結婚や子どもがいるのなら、家族のために頑張り続けるのではなく、家族のために逃げるという選択肢もあると思います。

もちろん、その会社の待遇や今後の状況を考えて、「うつ病で休職でもいいから残るべきだ」と思うのであれば、その選択をされてもかまいません。

でも「やめるべきだ」と直感で感じているのであれば、まずは友達に相談して、カウンセラーに相談して、ばっくれでもいいからやめるという選択はOKなんです。
posted by 元ブラック企業会社員A at | ブラック企業を辞める理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出社前に吐き気が止まらない



出社前に吐き気が止まらない・・・。

そんな経験ありませんか?

私もブラックな会社に勤めていた時は、後半になると毎日吐き気が止まりませんでした。

まずやったこともない仕事を先輩から「前任者に確認だけしといて」と言われ、言われたとおりにしていたら、なぜかその仕事全般を私が引き継いでいることになっていました。

その前任者に電話で聴くと、「なぜ、そうなっているんですか?全然やってないから、できるわけないのに。僕はその先輩がするように言っておいたのに」とあきれた口調で言われました。

しかし、先輩はすでに「あなたが引き継いだんだから、なぜできないのか」という思考になっており、毎日怒鳴られ、人格否定を思いっきりされました。

ただ、わからないなりに何とかしないとと頑張っているだけなんですけどね。

暴力こそありませんでしたが、かなりぼろくそに言われて、豆腐メンタルだった私の心は一気に壊れました。

この会社にいたら、間違いなく殺される。

そう思うくらいになりました。

そのころから、出社前に吐き気が止まらず、夜も眠れない日々が続きました。

もうその頃には「ばっくれる」の5文字が頭の中をよぎっていました。

ここまでくると行動は早かったです。

すぐに引き継ぎ書や整理の準備をして(1週間ほどかかりました)、その先輩とはなるべく合わないようにし、着々とバックレの日々を待ちました。

吐き気が止まらなかったのがきつかったですが、バックレた後のことを考えると吐き気も随分とマシになりました。


その後の生活の心配が心配でしたが、それでも「まずはこの会社から逃げること」を目標に頑張っていました。


出社前に吐き気が止まらない場合は、必ず何らかの原因があります。
その原因に対してどうするか対策を立てれば、かならず症状は安定します。

ただ、私の場合は「ばっくれ」という原因から逃げ去ること・・・だったんですけどね。

posted by 元ブラック企業会社員A at | ブラック企業を辞める理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラック企業の雰囲気に洗脳されるな


ブラック企業と知っていながら、なぜずるずると居続けてしまってなかなか辞められないのか。

私の経験で言えば、ブラック企業に洗脳されてしまうんですよね。

例えば、上司の言うことが絶対だったり、みんなが残業して居続けているのを見ると自分も残らないといけないような雰囲気になったり。

気づけば、仕事を抱え込んでしまって、「会社のために」と働いている日々です。

なんか洗脳されてしまうんですよね。

ブラックなところは研修やセミナーを使って社員を洗脳させようとするのですが、必ずしもそういうわけではなくて、会社の雰囲気で徐々に洗脳されてしまう場合もあるんです。

特に周りの同僚や上司がいい人だと、「あの人たちも頑張っているんだから自分も頑張らないと」と思ってしまいます。

それが普通の企業だったり、ちゃんと方向性がしっかりしているところなら大丈夫です。

しかし、実際は残業がかなり多かったり、よくわからないけれど社長が言うことにはみんな従わないといけないという雰囲気だったり、会社の方向性がめちゃくちゃだったり。

でも周りは頑張っているから自分だけ甘えるなんて・・・と思ってしまうと、ブラック企業に洗脳されてしまいます。

私も最初からおかしいと思っていたけど、周りの人もいい人が多く、仲良くしているうちにだんだんとブラック企業に洗脳されていきました。

なんかおかしいと思ったんですよね。

「社長が帰る前は帰ったらあかん」
「ここでは社長の言葉が絶対。できませんとは言わないこと。」
「社長がしろっていうんだから断ったらだめだ」

と、今考えるとブラック以外の何物でもないのですが、上司もいい人でしたし、同僚とも仲良くしてくれたので、「みんなも頑張っているんだから自分も頑張らないとなあ」と思っていたんですよ。

となると、だんだん上司や同僚の言葉が絶対になってくるんですよね。

言っていることがおかしいのに、この会社のルールが世の中の絶対になってくる。

まあ、そこまで行くのに3か月もかかりません。

1か月やそこらでおかしな会社なのに「この会社で頑張らないと」と思うようになるんです。

そうなると辞めるのは本当に苦労します。

「会社がおかしいと思っている自分が変じゃないのか」とまで思うようになります。

「退職したい」と伝えるのも罪悪感でいっぱいになるので、なかなか言えずずるずると残り続けてしまうのです。

特に新卒や会社で働いた経験のない人は、「会社がおかしい」という基準がわからないので、体を壊してしまってやっと辞められるということも少なくはありません。

ブラック企業に長く居続けていると洗脳されて、さらに辞めるのが難しくなるのです。

よく、ブラック企業の社員が自殺するというニュースが流れていますが、あれも洗脳された結果、この世を去る以外に方法がないまでに追い詰められたんだと思います。

会社の良しあしは人間関係も大切ですが、それだけではありません。

いくら人間関係が良くても、「この会社はおかしい。ここにいたらやばい」と思ったら、そこの雰囲気に洗脳される前に辞める決断をしましょう。
posted by 元ブラック企業会社員A at | ブラック企業を辞める理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラック企業で経験を積む?それはやめた方が良いです。



「長い人生だし、ブラック企業で経験を積もう」

そんなことを考えていませんか?

一言言わせておくと、
ブラック企業で経験を積んでも、
就職やあなたのキャリアに活かせることは
ほぼありません。

ブラック企業の中には、
法律違反もいとわないところも多いのです。

それから、入れ替わりの多い会社、
すぐにやめる人が多いところでは、
早くて2〜3か月、少なくとも1年以内には
部下や後輩ができて、いきなり管理職になる場合もあります。

それも良くあることという人もいますが、
実際に公務員や大企業で中間管理職になるのは、
その組織で5〜10年以上の経験を積むのが当たり前なのです。

その組織に入って、1年以内に
管理職となるということは、
非常にいろんなトラブルが予想されます。

例えば、部下や後輩が急にばっくれた場合、
その責任を取らされることもあるでしょう。

労働基準法を無視する会社では、
違法な減給処分をすることもあります。

(給料20万→15万円の減給もざらです)

それもまだましな方で、
部下がうつ病で労災を訴えてきた場合、
管理職であなたが罪に問われる可能性もあります。

結果、経験を積むために入ったのに、
経歴に傷がついてしまうこともあるのです。

また、いろんな業務でのミスやトラブルも
あなたが責任に問われることもあるでしょう。

20代の新人がそれを解決することは無理で、
やはり上司のサポートや社内研修で
少しずつ経験を積んでいくことが必要なのです。

それが全くなく、全て社員一人一人の
責任として片づけてしまうのがブラック企業です。

そうした会社で経験を積むというのは
やめた方が良いです。

できれば、経歴にキズが残らないうちに
辞めるべきだと思います。

posted by 元ブラック企業会社員A at | ブラック企業を辞める理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

会社を辞めるのは甘えなのか?



ブラック企業では時折、
上司や同僚の「俺はできる」アピールを
聴くことが良くあります。

「最近寝てないけど、
俺でもできるんだから頑張れ」

「俺なんか文句も言わず
会社で働いるんだから、
ごちゃごちゃ言わないでやることやれ」

まあ、いろいろありますが、
「みんな頑張っている。
自分だけじゃないんだから甘えるな」
ということが言いたいのでしょう。

そういう会社に居続けると、
会社を辞めるのは甘えではないかと
思ってしまいます。

またこんな事で辞めたり、
仕事が辛いというなんて、
どこへ行っても通用しないのではないか・・・
と不安をかきたてられてしまいます。

案外、そういう考えになってしまって
会社を辞められないループに陥ってしまう
人は結構多いのです。

しかし、逆に考えてみることも大切です。

そういう会社を辞められない人の方が、
今の状況に甘えているのではないか

考えてみましょう。

そして、ブラック企業と名のつく会社に
居続けてしまえば、高い確率で
あなたのキャリアにキズがついてしまいます。

それを考えても
自分は甘えていると心にふたをして
貴重な時間を無駄に過ごしてしまうのか。

それとも、今の状況に甘えないで、
次のステップを踏むことを考えるのか。

会社で必死に働いている人を見ると
自分は甘えているのか、
逃げじゃないかと思ってしまいますが、

その会社が明らかにおかしい会社であれば、
辞めるのは甘えではありません。


むしろ勇気ある行動だといえます。

どうぞ同僚や上司の言動に振り回されず、
自分の選択を信じてみて下さい。

posted by 元ブラック企業会社員A at | ブラック企業を辞める理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

会社に行くとめまいや動機がする



会社に行くとめまいや動機がする・・・

こういう症状のため心療内科で
お薬をもらいながら会社に通勤している
サラリーマンは非常に多くいます。

この会社に行くとめまいや動悸がする
というのは、会社に行きたくない
というサインです。


特に入社2か月以内で
このような症状が現れたら
会社を辞めるかどうかを
考えてもいいかもしれません。

こういうのは新型うつにもありますが、
私が調べた限り、
ブラック企業で心身に症状が出た人と、
新型うつ病の大きな違いは、

休日もめまいや動機と言った症状が
あるかどうかです。

私もブラック企業と呼ばれるところで、
働いていたところは、
休日もめまいや動機があり、
食欲もわきませんでした。

ブラック企業では会社のことを考えるだけで、
めまいや吐き気、動機が止まりませんし、
休日など何もできず布団の中で
じっとするだけの日もありました。

それから、朝早く目が覚めることもありましたね。

当然ですが、この状況がずっと続けば、
かなり重篤な状態になるのは予想できます。

私も本当にうつ病になりかけてましたし、
周りでもブラック企業にい続けた結果、
薬が一日20錠くらい飲まないと
いけなくなった人もいます。

そのため、
会社に行くとめまいや動悸がする
といった症状が休日も続いていて、
日に日に悪化している場合は、
私はやめるべきサイン
だと思います。

これもブラック企業を
十分辞める理由になります。

どうぞ自身の健康を大切してください。

posted by 元ブラック企業会社員A at | ブラック企業を辞める理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラック企業でスキルアップ?馬鹿なことはよせ



ブラック企業のような会社に入ると
上司や同僚から、

「この会社で3年もおったら
どこでも通用するよ」

と言われますが、
そんな言葉を信用してはいけません。

ましてやブラック企業で頑張って
スキルアップ
をしようなどとは
思わないようにしてください。

もちろん、その業界で独立開業を目指して
そのノウハウを会得したいといった
目標があれば別でしょう。

(まあ、ブラック企業のような会社で
ノウハウの会得など難しいですが)

私も最初はブラック企業で頑張れば、
スキルアップにつながるかと思ったのですが、
2か月間で断念しました。

コロコロ変わる上からの指示。
仕事の大半が、物品の管理のみ。
社長の経営者ごっこが満足いくような
仕事ばかりを求められる。

こういう状況ではスキルアップなど無理です。

スキルアップと言うのは、
会社の経営方針がしっかりとしていて、
自分の会社での立ち位置や目的が
明確に見えている状況でできるものです。

それから新人のときだと、
「この仕事から何か盗もう」と
思えるような会社や仕事でないと、
その会社でのスキルアップは難しいでしょう。

ちなみに、

ブラック企業で通用すれば
どこでも通用できる

と言われていますが、
通用しない人はまず体を壊します。

それにブラック企業で通用できる人は
どこでも通用できる人くらいです。

なので、この会社では無理だと思ったら、
スキルアップを目指して頑張るのではなく、
周りに相談して、やめるということも
視野に入れることも大切だと思います。

posted by 元ブラック企業会社員A at | ブラック企業を辞める理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラック企業を辞められない理由とは?



以前、有名な飲食業の社員さんが
過労からうつ病になって自ら命を絶つという
悲しい事件がありました。

基本ブラック企業で働く人は
身体を壊すまで働き続ける人が多くいます。

中には「これはもう無理だ」と見切りをつけて
辞めることができる人もいますが、
そういう人ばかりでないのも事実です。

そうしたブラック企業を
辞められない理由ですが、
それはいくつか考えられます。

一つは、人間が急激な変化を嫌う生き物
だということです。


それから、人間は見通しがない状況を
避けるようにもできています。

いきなり辞めて、明日から見通しの持てない
状況に陥るくらいなら、
ブラック企業にい続けた方がましと
思うのが人間の心情なのです。


そして、この心情は、
心身の健康が悪化すればするほど、
強まってしまう傾向があります。

うつ病になってしまうと、
さらにブラック企業から離れることができず、
居続けてしまうのです。

これが多くの人がブラック企業を
辞めることができない理由でもあります。

その結果、社会復帰できないまでに
心身にダメージを負って、
退職をせざるを得なくなってしまいます。

だからこそ、心身にダメージを負って
取り返しがつかなくなる前に、
勇気をもって辞めることが大切なのです。


以上、ブラック企業を辞められない理由について
お話しましたが、基本私たちは変化を恐れ、
見通しが持てない状況を避ける生き物です。

だからこそ、まだ健康なうちに勇気をもって
新しい世界に飛び出すということが
必要なんだと思います。
posted by 元ブラック企業会社員A at | ブラック企業を辞める理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラック企業で働くメリットとは?



ブラック企業にいると、上司や同僚から
こんなことを言われます。

「この会社に3年間いれば、
どこにいっても通用する人間になれるよ」


ういう言葉を聞くと、ブラック企業で働く
メリットがありそうな気もしますよね。

でもこの言葉は間違いです。

なぜなら、ブラック企業で通用する人など、
どこでも通用する人だけだからです。

ブラック企業で通用しない人間は、
そういう会社に3年いれば、
うつ病になって社会生活が困難な状態に
陥ることもよくあります。

どこでも通用する人間だけが
ブラック企業でも通用し、
そうでない人間は病気になってしまう。

そんな会社で働くメリットなど
あるはずもありません。


会社のために役立とうとした結果、
身体を壊してしまうだけなのがオチです。

実際、私の周りでも
ブラック企業で頑張った結果、
体を壊してしまい、二年間仕事ができない
状態になった人もいました。

一昔前なら、しんどい会社にいれば
忍耐力が着くと言われていましたが、
昨今では忍耐力よりもスキルの方が重視されます。

では、ブラック企業で他の会社でも
通用するようなスキルアップは望めるのか?
その答えはNOです。

ブラック企業では社員の入れ替わりが
激しいので、その結果、
誰でもできる仕事しかできません。

そして、その誰でもできる仕事を
延々と繰り返すだけです。

またブラック企業の仕事の大半は
上司や社長の機嫌をとることです。

そして、社長の指示にイエスと言うのみです。

もちろん、こういう会社にいることで、
周りに会わせると言う社会性は育つでしょう。

(まあ、つぶれる人も多いですが)

ただし、他の会社でも役立つような
自身のキャリアアップに繋がるようなスキルが
身に付くことはありません。


そのような会社で身に付く人とは先程述べた
どこでも通用する人くらいです。

大抵は潰れてしまうのがオチです。

そんな会社で働くメリットなど、
あるのでしょうか?


私にはメリットなど、
どうしてもあるとは思えないのです。
posted by 元ブラック企業会社員A at | ブラック企業を辞める理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク