スポンサードリンク
   


ブラック企業でうつ病で休職になったら最悪


ブラック企業で頑張って働いた結果、うつ病になって休職を余儀なくされるケースがあります。

休職ならまだマシ。

休職どころか、そのまま退職を余儀なくされることもあります。

大切なことですが、うつ病になってしまうと冷静に状況を分析して対処する力がなくなります。

脳がエラーを起こしている状態なので、判断力が低下してしまいます。

そうなると会社から退職を推奨されるとNoとは言えなくなるのです。

そのまま退職してしまい、行く末はニートということもあり得ます。

もし、食欲がなくなった、寝れなくなった、いつもこの世から消えたいと考えている、涙が止まらなくなった・・・

そういった症状が出てきましたら、速攻でばっくれでもいいので逃げましょう。

試用期間中であれば退職届を出してそのまま逃げればいいのです。

また、退職届が受け入れてもらえないのであれば、内容証明郵便で送れば、自動的に受理されます。

届けたことを郵便局が証明してくれますからね。

私は上記のようなうつ症状が出始めてから、速攻でばっくれでもいいので、「この会社から逃げてやる」と考えました。

当面は、嘱託職員でも、派遣でもいいので、食いつなぐことができれば、どこかで道は必ずあります。

できれば、うつ病で判断力が低下する前に、「そこまで会社にいるべきなのか」を考え、あなたの人生のためにできることを考えることが大切だと思います。

特に結婚や子どもがいるのなら、家族のために頑張り続けるのではなく、家族のために逃げるという選択肢もあると思います。

もちろん、その会社の待遇や今後の状況を考えて、「うつ病で休職でもいいから残るべきだ」と思うのであれば、その選択をされてもかまいません。

でも「やめるべきだ」と直感で感じているのであれば、まずは友達に相談して、カウンセラーに相談して、ばっくれでもいいからやめるという選択はOKなんです。

    スポンサードリンク
   

posted by 元ブラック企業会社員A at | ブラック企業を辞める理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク