スポンサードリンク
   


ブラック企業を面接で見抜くための質問テクニック


ブラック企業を面接でどうやって見抜くのか。

そのテクニックを紹介します。

面接でその会社がブラック企業かどうかを見破るのには次の質問が効果的です。

面接は大抵最初は社長がそのままするのではなくて、その下の社員が行うことが大半です。

面接は大抵は自己紹介から始まって、会社の志望動機や自己PRなどの話がメインです。

その時に、面接官が圧迫面接をしたり、あまり聞いていなかったり、自分の話を一方的にしたりなど、「あれ?普通の人とは違うなあ」と明らかに思えれば、この会社がやばいかどうか、判断は比較的つきやすいです。

逆に、面接官がすっごく聞き上手で、ほめ上手で「この人いいなあ」と思えるような場合もあります。

すると「この人の会社で働きたいなあ」と思ってしまうかもしれません。

しかし、しかし。

もしかすると、こういう考え方もできます。

面接官は早く辞めたいがために、あなたを褒めて良い気分にさせて、早くその会社に入社させようと内心は考えているかもしれないのです。

基本、ブラック企業に就職した人の大半は、面接のときに「この会社に働きたい」と思ったそうです。

つまり、面接のときの面接官の印象だけでその会社がブラック企業かどうかを見抜くことはできないのです。

そこで、次の質問テクニックを使ってみましょう。

面接の終わりの方に、面接官は「他に何か質問はありませんか?」と聴いてくると思います。

この時が見抜く最大のチャンスです。

この時に次の質問を投げかけてみましょう。

あなた「では、一つ質問してもいいでしょうか?」
面接官「はい。」
あなた「あなたはこの会社で何年くらい働いていますか?」
面接官「(なんか変なことを聞くな)・・・2年目ですかね」
あなた「この会社にはもっとおられる予定ですか?」
面接官「はい。そのつもりですが。」
あなた「そうですか。
    では、なぜその会社にもっと居たいと思えた理由について
    教えて頂けないでしょうか?」

面接官がこの会社にいたいと思えているのであれば、社長への思いややりがいなどをわかりやすく教えてくれるでしょう。
その会社がホワイトな会社である可能性は高いです。

一方、ブラック企業であれば、面接官は一瞬考え込むか、しどろもどろになるか、何かしらのリアクションを取るはずです。
自分が嫌だと感じていることを、嘘をつくのはかなりストレスを感じるものです。

この質問テクニックは、今その会社にいる社員の目線で、会社の状況を知ることができます。

「あなたがこの会社にいたいと思えている理由」について質問することで、かなり明確にブラック企業かどうかを見抜くことが可能です。

ぜひ、面接で試してみることをお勧めします。

    スポンサードリンク
   

posted by 元ブラック企業会社員A at | ブラック企業の特徴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク