スポンサードリンク
   


会社で自分を出さなために必要な3つのコツ



ブラック企業を乗り切るために大切なこと。

一つは「会社で自分を出さないこと」です。

大学生なら、ある程度自分を出すことは必要です。
できることには率先してチャレンジして、自分の限界まで試してみるという行動力は就活までは大きな武器となります。

しかし、会社組織になれば、こうした行動力や発想力は大きな仇となります。

組織では行動力よりも、いかに組織がうまく回るように立ち回れるかが求められています。

ちなみに、考えてみれば、ブラック企業の求人広告は「あなたの頑張りしだいで給料UP!行動力のある人募集!!」なんて書き込みが多いですね。

行動力が求められるところなんて、新しく立ち上げた会社かベンチャー企業くらいしかありません。

ちなみに、ブラック企業は行動力を求める割には、社長や上司の指示にはどんなに理不尽でも100%イエスと答えないといけないというところが多いです。

なので、そういうブラック企業では、今までも自分の経験をフルに出そうと頑張りすぎないことが大切です。

基本は自分を出さないこと。

そのコツとして、次の3つがあります。


@ 心に仮面をかぶっておくこと。

ブラック企業では自分の意見などまず通りません。「そんなのどこでもそうじゃない?」と言われますが、ホワイトなところは新参者の意見もしっかりと吟味してくれます。
そのため、自分の意見を出そうとしないために、まずは心に仮面をかぶった状態で臨みましょう。

A 周りを観察すること
これも大事なことです。一般の組織でも必要なものですが、ブラックな会社では失敗したすべて自己責任となってしまいます。まずは周りをしっかりと観察して、自分を隠しましょう。


B 同僚を信じない!!

信じられないかもしれませんが、ブラック企業では同僚を信じないこと。特に「この人たちはいい人たちだから、自分も頑張って役に立ちたい」なんて微塵も思わないようにすることです。彼らは逆にあなたが苦しい状況に陥っても助けてくれません。見て見ぬふりをするだけです。理由は「自分も巻き込まれたらやばい」からです。

ブラック企業を乗り切るためには、まずは以上の3つを心得ておくことです。
そして、会社では自分を出さないこと。
確かにどこの職場でも同じようなところがあるかもしれませんが、ブラック企業ではそれらをさらに意識していくことがとても大切だと思います。

    スポンサードリンク
   

【ブラック企業を乗り切るためにの最新記事】
posted by 元ブラック企業会社員A at | ブラック企業を乗り切るために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク