スポンサードリンク
   


会社辞めてフリーターになった結果・・・



私は会社を辞めた後、日雇いバイトを1か月して、今は契約社員をしています。

まあ、簡単に言えばある意味フリーターですね。

その状況は今も変わりません。

ただ、ブラック企業に勤めていたころと比べると、かなり幸せです

ブラックな会社にいた頃は、仕事がかなり忙しいとかそういうのはなかったのですが、社内ニート状態で、社長が嫌がるという理由だけで意味もなく終電ぎりぎりまで残らないといけないようんところでした。

社内ニート状態というのは、能力不足とかやる気がないとか、そういうのではなくて、私がやるはずだった仕事が入った後に頓挫したからです。

まあ頓挫したのは、めちゃくちゃな営業をしていたので、契約がなかったというのが理由です。

最初は営業マンに同行していたのですが、「この会社のためを思って契約してください」という感じの営業で、取引用のプランも中身がなく、素人目でもめちゃくちゃな内容のものをどうにかして契約させようという感じでした。
(詳しくは言えませんが・・・内容を聞いた知人は、「営業としてあり得ない」と即答するほどです)

当然、契約など取れず、営業の方が契約書を偽造しだして、それに気づいた社長がその人を訴え出したところで、「この会社はやばい」と感じて逃げ出したのです。

その後、日雇い派遣を続けましたが、まあ精神状態はかなり改善しました。

あの会社に一年いるぐらいなら、貧乏でもフリーター生活の方がはるかにましでした。

もし、あの会社に一年いたら、もう廃人同然になっていたと思います。

なので、やばい会社にずっといて心身を壊すよりも、フリーターになったほうが結果としてかなり良い場合もありますよ。

特に、周りに相談してみんなが「やめろ」というような会社は、その人たちがなぜそういったかをしっかりと考えたうえで、あなたの人生を大切にするために、あえてフリーター生活をするという選択をとることが大切だと思います。

精神が健全なら、仕事は必ず見つかりますからね。

    スポンサードリンク
   

posted by 元ブラック企業会社員A at | 辞める覚悟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク