スポンサードリンク
   


社内ニートはやる気をどんどん削がされていく



社内ニートってどんどんやる気が削がされていきます。

もちろん、能力不足やもともとやる気がないために、社内ニート状態になってしまった人もいます。
しかし、それ以上に会社の経営がめちゃくちゃで、仕事が全くなく社内ニートになるようなケースもあります。

こういう会社に中途採用や新入社員として入ってきた人は本当に気の毒です。

やる気をもって入ってきたのに、入ったら全く仕事がなく、しょうもない雑用ばかりで(私の場合は、社長が趣味で作ったブログの更新でした)、他はボーっとするしかない。

何のために入ってきたんだろう・・・と日に日にうつになってしまいます。

仕事らしい仕事は全くなく、社長の指示には全力で応えないといけない会社。
そして社長の指示はめちゃくちゃで単なる思いつきで、しかも法律すれすれのことを言う。
社員に相談すると「社長が言ったんだから全力でやれ。」としか言われない。

こんな会社にいれば、間違いなく精神を病んでしまいます。

私の場合は、ブラック企業というよりも、企業して成り立っていない会社でした。
それでも朝から終電ぎりぎりまで会社にはいないといけません。
理由は「早く帰ると社長が嫌な顔をするから」
じゃあ、仕事は?と言われると、そういうのはほとんどなく、ほかの社員は社長から勧められた雑誌を読むだけでした。

しかも、「社長が話しかけたら、終電逃してでもずっといろ」と上司に言われる始末。

ここまでくると本当に限界でしたね。

「こういうことをしたい」とやる気を持って入ったのに、入ったら社内ニート状態だったので、本当に心身ともにやばくなりました。

社内ニートの状態は本当に精神状態が悪化します。

なので、そういう会社に入った人は早めに辞めることをお勧めしますよ。

    スポンサードリンク
   

posted by 元ブラック企業会社員A at | 社内ニート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク