スポンサードリンク
   


正社員のバックれは非常識か?



正社員の立場でバックレてしまう人は少なからずいます。

基本これらは社会人としては非常識です。

ただ、それは会社にもよるでしょう。

もし、その会社が社員を食い物にするような会社で、普通に長時間残業をさせたり、残業代を払わなかったり、また有給はおろか忌引きなど、本来は労働者の権利としてあるような休みも取らせないようなところであれば、話は別です。

会社が非常識なところであればあるほど、社員のバックレ率は上がります。

もちろん、できれば退職届を出し、その中で引継ぎ等の業務をしっかりと行ったうえで、退職すると言った正社員としての義務を行うのは当然です。

しかし、いくら退職届を出しても受理されないような会社であれば、いずれバックレてしまうのは時間の問題です。もともと、正社員が辞めたいと訴えるのを止める権利など会社にはありません。

正社員が退職したいと何度も訴える会社は、それだけやばい会社だからです。

ただ、できればしっかりと退職届を出すという正規のルートを行った後で、バックレることをお勧めします。

しかし、そういうルートを強引に踏みつぶすような会社であれば、まずは労働基準監督署に相談です。

また、その際に出勤表や雇用契約書のコピー、上司の発言などの録音などできる限り証拠は取っておきましょう。

あとは、労働基準監督署の指導やアドバイスに従って行動を起こすことをお勧めします。
絶対に個人の判断でバックレをしないようにしましょう。

特に正社員の場合は、その後の人生にも関わるので、相談を受けながら行うのが賢明なやり方です。

    スポンサードリンク
   

posted by 元ブラック企業会社員A at | バックレの極意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク