スポンサードリンク
   


バックレて会社から2chに書き込みがあった場合の対策は?


今回、私がバックレて一番心にダメージを負ったエピソードを紹介します。

下の記事にも書いているように、バックレた後に「○○許さない」「○○は社会人として最低」と2chで実名と資格両方をさらした状態で、名指しで書かれていたことです。

ブラック企業をバックレ辞めしたら2chに名前が・・・

今でも私の名前と資格を打ち込めば三ページ目くらいに出てくるんじゃないかと思います。

これは精神的に堪えました・・・。

そして「この状態で人生大丈夫なんだろうか」と本気で不安になりました。

最初は、この書き込みを消す方法を本気で考えましたが、しばらくしたら「こんなことに時間をかけるのは辞めよう」と思うようになり、放置状態を決め込みました。

一番の理由は時間とお金がもったいないからです。

よく2chの書き込みを消す方法として、直接削除依頼を伝える方法がありますが、これは非常にまずい方法です。

削除依頼を直接しても、書き込みが削除されることは稀です。
また、あなたの個人情報(メールアドレスなど)を2chにさらしてしまうため、かなりリスクの大きい方法なのです。

そのため、もし削除したいのであれば、2chやネットサーバーに強い弁護士に相談して、専門家から直接やり合うようにしましょう。

素人の私たちが直接するよりも、お金を払って専門家に相談して対応してもらうのがベストです。

ただ、このやり方だとお金がかかってしまうので、もったいないと思えば放置するのも一つの手です。

最初は検索して一発目に誹謗中傷の2chの記事が出てきますが、時間が経つにつれ、段々と2ページ目、3ページ目と後ろの方に行くようになります。
(これはSEOのシステム上、放置しているとだんだんサイトの表示順位が下がってくるためです)

また、2chの記事を鵜呑みにする人は、基本まともな人間ではありません。
まともな人は2chではなく、自分の目で直接見て判断しようとします。

1年くらいたてば、全く気にならない状態になります。
あれから2年たちましたが、私も晴れて正社員の職に就職することもできました。

バックレた後は経済的にも時間的にも余裕がない状態なので、放置しておくという選択肢も大いにありです。
posted by 元ブラック企業会社員A at | 辞める覚悟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラック企業をバックレて2年、やっと正社員に再就職できた!


いつも「ブラック企業から安全にバックレる方法」を読んでいただいてありがとうございます。 2年前にブラック企業(犯罪企業?)を2か月でバックレた後、フルキャストの仕事を2か月し、その後は嘱託の公務員を2年近くしていましたが、今年の4月に晴れて福祉系の会社の正社員の職に就くことができました。 長かったけど、とにかく頑張りました。 途中、泣きたくなって現実から逃げようと自営を始めようと考えたりと、迷走した時もありました。 でも、本当に妻や家族に申し訳ない気持ちでいっぱいだったので必死になって頑張りました。 今は35歳ですが、それでも正社員の仕事に就くということは可能なんだと思いました。 ブラック企業をバックレるというのは相当のリスクがあります。 下手すると再就職先が見つからず、そのまま困窮してしまい、一家離散という現実に陥ってしまうこともあります。職歴にも傷がつくでしょう。 でも、ブラック企業に勤め続けてしまい、極度のうつ状態になってしまうと、再就職どころの問題ではなくなります。 本当に生活保護レベルのところにまで水準が落ちてしまいます。 どちらも相応のリスクがあります。 どちらを取るかはあなた次第ですが、私は体やメンタルを壊すくらいなら、バックレて再就職先を探した方がいいと考えています。 まだ未来につながる方を選んだ方がいいでしょう。 35歳までなら正社員に再就職することは可能です。 あなたが、一番良いと思った選択をすることが大切だと思います。
posted by 元ブラック企業会社員A at | 辞める覚悟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

社長に犯罪歴があった場合は、そこでの就職は辞めるべき


ブラック企業の見分け方について、社長に犯罪歴・逮捕歴・前科があるかどうかというのは非常に大切なポイントだと思います。

詳しくは言えませんが、私がいた会社の社長は前科がありました。
今でも名前を打ち込めば、その時のニュースがネットで見ることができます。

基本、前科があっても社長になることはできます。

もちろん、犯罪歴・逮捕歴があっても心を入れ替えて真面目に働いている人はたくさんいますし、ちょっと魔が差して警察のお世話になることなんて人生いくらでもあります。

犯罪者=人として最低とは言い切れないこともよくわかります。

しかし、前科がある社長、犯罪歴・逮捕歴がある社長の下で働くのは少し考えた方がいいです。

私は採用されて就職する前に、そこの社長に前科があることをネットで知りました。
でも、面接のときの穏やかな感じと熱い思いを話していたので、「心を入れ替えて今は頑張っているんだ」と勝手に解釈して、そのままその会社に就職してしまったのです。

前科については、社員全員が知っているけれども、あえて口に出してはいけない雰囲気がありましたが、職場は変にピリピリしていました。しかも、私の担当の先輩は私が出勤して3時間後に出勤。

そして、初出勤時の担当の先輩から「○○さん(私の名前)私2週間で辞めるんですよ。○○さんも早いとこ辞めた方がいいよ」という衝撃の発言!!

その後、別の先輩も「○○さん、僕も来月辞めるんです」ということを聞き、かなり私の頭の中は混乱してしまいました。

聞けば、私の担当の先輩は社長にかなり精神的にやられており、毎日過食嘔吐を繰り返していたとのこと。

当然ながら、私自身も先輩二人が辞めて、パワハラに合い、「この会社では身が持たない」と思い、速攻でバックレました。

前科のあった社長からは何もされることはなかったのですが、社内にはなんか不穏な空気を常に感じていて、いるだけでメンタルがやられそうな雰囲気が常にありました。

犯罪歴・逮捕歴のある社長は全員やばいとは言えませんが、もし社長に前科があればそこでの就職はちょっと考えて辞めた方がいいと私は思います。

そういうのがない社長が経営している会社と比べて、問題のある会社である確率はかなり高いんじゃないかと個人的には感じています。

それに、知り合いから「あんたのところの社長、前科があるけど大丈夫?」とか言われたくないしね。

posted by 元ブラック企業会社員A at | ブラック企業の見極め方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

試用期間中に保険証なしはある意味チャンス!


基本、労働基準法では試用期間中であっても保険や年金への加入は義務付けられています。

しかし、ブラック企業では試用期間中は保険証なしというところも多いです。

普通に考えれば、「え〜、じゃあ三か月間国保のままなの?お金かかるしどうしよう」と思ってしまうのですが、これは逆に考えれば大きなチャンスともいえます。

まず、保険証なし、厚生年金なし、ということは、嫌だと思ったときに3か月以内であればすぐに辞められるということです。

保険証をもらってしまうと、やめた後に返さないといけなかったり、微妙に会社とつながっている状態が続いてしまうため、かなりのストレスを感じた状態となります。

試用期間中、そして保険証なしということは、ほとんどパート・アルバイトと変わらない状態なので、いつ辞めようが、極端に言えばバックレようが会社側からは何も手が出せない状態となります。
(まあ、私の場合は、「最後の給料は手渡しだから会社に来なさい」とメールできましたが、それをあきらめれば問題はありません。会社側としては辞めた後、何も手を出すことができません)

なので社会保険・厚生年金なしということは、あなたが3か月間の間にこの会社を見極めて、もし難しいようであればすぐにやめることができるというチャンスをもらったと解釈するのがベストです。

何事もプラスに考えていくというのが社会を生き抜いていくコツだといえます。
posted by 元ブラック企業会社員A at | 試用期間中での対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワンマン社長との付き合い方


ワンマン社長との付き合い方についていくつか紹介したいと思います。

ワンマン社長とのつき方ですが、基本は「上手に合わすこと」です。
自分の意見は極力言わないようにしましょう。
特に、こうした社長は批判・非難には特に敏感で、それを感じたらあなたを完膚なきまでに追い詰めようとします。

それと一番大切なことは、こうしたワンマン社長は承認欲求が非常に強い傾向にあります。
そのため、「すごいですね」「さすがですね」というと、とても喜び、「こいつはわかってくれている」と思う傾向にあります。

実はこれが一番危険です。
これを繰り返すと、どんどんワンマン社長はあなたを自分の世界に巻き込んでいこうとします。
その結果、どんどん逃げ切れなくなってしまうのです。

なので、「すごいですね」という代わりに「そうですね」「はい」と無難な回答を繰り返すに留めるのが一番いいです。

ワンマン社長の付き合い方はできるだけ距離を縮めずが基本です。
こうした社長は距離を遠くにしても基本気にしません。

むしろ、距離を遠くにした方が辞める時に便利です。

そして近づいてきたら、「そうですね」と肯定するけれども、「すごいですね」と褒めることはしない。
批判や非難はしない。

実はこういう付き合い方は、将来あなたが嫌な人と付き合わないといけない人に対しても非常に有効な方法なのです。

そうした練習をさせてもらっていると思って、関わっていくのがワンマン社長との付き合い方のコツだと思います。
posted by 元ブラック企業会社員A at | ブラック企業を乗り切るために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク